ALS基礎知識ALS基礎知識

運動障害

物を握りにくくなったら

細い物を太くする

手や指先の筋肉が弱くなると、握力が低下し、細かい動作がしにくくなります。箸やスプーン、歯ブラシなどが握りにくくなったら、握りを太くして、持ちやすくする工夫をしましょう。

図のように手持ちのスプーンやペンなどに差し込んで使用するチューブが便利です。

早めに杖の使用を

ドアノブや水道栓をレバー式に

ドアノブや水道栓を握らなくても回せるように、工夫をしてみましょう。飲み物や調味料のフタを簡単に開けられるグリップ付きの用具や、電子レンジのつまみを簡単に回せるハンドルもあります。

早めに杖の使用を

ファスナーやマジックテープの使用を

洋服を自分で脱ぎ着するために、ボタンをやめてファスナーかマジックテープで止められるように工夫しましょう。ファスナーは上げ下ろしがしやすいように、指がかけられるくらいの輪を付けると便利です。

靴はヒモの代わりにマジックテープを付けると、はきやすくなります。

手すりの取り付け

食器や箸などの工夫

皿を手でおさえるのがむずかしくなってきたら、ゴムのマットを敷き、ふちに返しが付いている皿を使用したり、手持ちの皿に囲いを取り付けると、スプーンで食べ物がすくいやすくなります。バネの付いた箸やスプーン、自分の手に合わせて自由に角度を付けられるフォークなども便利です。

手すりの取り付け

また、握る代わりに、手全体で物を支え固定させる補助具があります。

浴室の工夫

ワンポイントアドバイス

読書をするときの工夫

指先がうまく動かなくなってページがめくりにくいときは、手で支える必要のない書見台や、センサーで自動的にページをめくる機器があります。

トイレの工夫